スポンサード リンク
スポンサード リンク

2007年07月09日

カルティエのリングのブランド力

現在、日本では数え切れないほどのブランドがあり、そのブランド志向の人が年々多くなっています。
ブランドは消費者の心をとらえ、価値を認める人が多ければ多いほど、使う人はもちろん、使わない人にまで、プラスのイメージを与えていきます。
日本では、消費者の心をとらえ、その価値を認める人が多ければ多いほど、使う人はもちろん、使わない人にまで、そのブランドに対してプラスのイメージが強くなっているようです。
あなたもカルティエのリングが気になっていませんか?


日本ではカルティエのリングを、人よりいち早く手にするために、フランスまで行く人も少なくないのです。
ブランドにとってはファッションの中心地である海外の都市の、さらに中心である街に店を持つこと、世界的な人気を得ることが生き残りに欠かせない戦略なのでしょう。
そしてやっとのことで手に入れた、カルティエのリングを周りの人から評価されることによって満足し、もっと欲しいという心をまた刺激するのです。


カルティエのリングは、日本でも若い世代から年配の方までたくさんの女性が身につけています。
カルティエに愛用者が多くいる理由は「価格の幅の広さ」もポイントではないでしょうか。
幅広い年齢層をターゲットに、10代から手の出る価格から、数百万円する物まで、販売されています。


せっかくブランド商品を持つのですから、自分を引き立たせる物を持ちたいですね。
その点、カルティエのリングを持つことで、男性も女性も、自分に自信がつくようです。
年齢と共に素材、そして価格を少しづつ上げていき、その時々に合った物を選びたいですね。
年齢を重ねる中でそんなブランドの身につけ方ができればいいですね。



posted by カルティエ リング研究会 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カルティエのリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。